ハッカソンでも発表した通り、モロヘイヤはもともと、独自改造で収拾がつかなくなりそうな未来を避ける為のアイデアでしたので。

モロヘイヤ3.1、間に合えばDolphin対応を入れるかも。(って、その様な用途に使えるAPIはあるのだったか?
それもあって、マイDolphinを今日立ち上げたい。

モロヘイヤは近日、3.1に着手。

- ユーザ向け設定画面
- 検索APIのラップ
- 画像を添付する一部のハンドラで、添付の手順をSidekiqにて非同期化
- 要調査。可能なら。
- Chrome拡張 mulukhiya-clipper の機能改善

モロヘイヤのDropbox対応を調整中。
動作はするもののサポートが終了しているgemを、新しいものに入れ替えているところ。

iMastは画像リサイズなしという設定があり、モロヘイヤと相性よし。

モロヘイヤのWiki、細かく更新してるつもりだったけど、微妙に追いついてないっすね…。
気づいたところは今夜直します。

モロヘイヤの監視用のエンドポイントを、もっと使いやすい場所に移そう。

モロヘイヤ以外の各種ツールも、それぞれ設置しなければいけない。
明日やろう。

お待たせしました。取り急ぎ、Mastodonとモロヘイヤを復旧しました。
全文検索以外は大体動いていると思います。

真琴さんは3つのデーモンで構成され、実はモロヘイヤより多いですw

4sqへの新着チェックインをIFTTTで拾い、モロヘイヤのwebhookにPOSTする仕組み。
エスケープがいらない入力を心がけているつもりが、どうしても壊れたJSONとしてパースされてしまうらしく。
今さらだが、この仕組みはあくまで仮のもの、この先ずっと常用は難しいな。

さっきiPhoneから上げた画像、モロヘイヤに届く頃にはもう、HEIFのままじゃなくPNGになってるんよね。
ふつうのインスタンスにはHEIFは上がらないから、よく考えればある意味当然なんですが。

iPhoneで使われることを想定したけど、あまり意味がなかった?w

WebUIとモロヘイヤで重複する処理があるから、WebUIのほうをキャンセルして、全部サーバサイドのモロヘイヤに振った。
バニラより速いかどうかは試してない。

モロヘイヤに届く頃には、素のHEICではなくPNGになってる。
誰かが変換しとる。Tootle?

/api/v1/media まで届いておらず、モロヘイヤ以前の問題。
フロントの調整が必要であるな。本体改造は極力したくないが、やむを得ない。

{"command":"convert -resize 1280x1280 /tmp/RackMultipart20191015-40355-cuzsm1 /usr/home/pooza/mulukhiya-toot-proxy/tmp/media/84f3ca2dee64e13be3deabceddece97a3eba82bb.jpeg","status":0,"seconds":0.54560084}

そもそもネットワーク構成が違うし。
Mastodonやモロヘイヤの検証はこの環境でも可能ってことで、これはよいことにするかなぁ。

実はある時期、モロヘイヤのゴールはまさに、本体へのプラグイン機構のプルリクを行うことだった。
モロヘイヤなしでモロヘイヤ形式のハンドラを実行できる様にして、モロヘイヤをなくそうと考えていたのだけど。
たまに本体コードを読むと、明らかに文化が違うなと思ってw、熱が醒めてしまった。

Show more
美食丼

ぷーざの個人インスタンスです。